企業にとって戦略的IT投資が重要な経営戦略として位置づけられる中、ITユーザーとITベンダーの双方の立場を理解し、経営者の立場から「真に経営に役立つIT投資」をサポートできる人材が必要不可欠なものとなっています。
 
経営とITの両面に精通し、企業経営に最適なIT投資を支援・推進することができるプロフェッショナルとして、国家プロジェクトの一環として誕生した「経済産業省推進資格」で、「IT新改革戦略」の中でも重要な人材として位置づけられているITコーディネータ取得者が弊社では在籍しておりますので、経営とITを橋渡しし、真に経営に役立つIT投資を推進・支援します。 

ITコンサルティング事業

弊社の経営改革プロセス

1.現状調査
  現状の業務プロセスを調査・解析し、現状業務のフローチャートを作成し、業務課題を抽出します。

 

2.経営戦略策定
 現状の業務課題を踏まえ、SWOT分析等の手法を用いて経営課題を明確にし、経営戦略策定を支援します。

 

3.経営改革企画
 経営課題・業務課題を解決する、主要なマネジメント要件を明確化し、経営改革戦略目標を作成し、全社で合意形成を図ります。

 

4.IT戦略策定
 課題解決が可能な業務ロジックの考案と合意形成を図り、業務改革計画とその実行を支援するIT化を考案し、新業務フローチャートおよびIT戦略企画書を作成します。

 

5.IT資源調達
 IT戦略企画書の内容に基づいてRFP(提案依頼書)を作成します。ベンダーより提案・見積を受けて、内容を評価して最終1社を選定します。

 

6.IT導入
 IT戦略企画書で考案したビジネスモデルに基づき、システムとのギャップ分析を行います。マスター整備・運用トレーニング・テストを行い、システム稼動のための環境を整えます。

 

7.IT活用
 システムを実運用して、新ビジネスモデルを実行します。

 

8.モニタリング
 経営改革戦略目標に対して達成できているかの、効果測定と評価を実施し、必要に応じてシステムの見直しや、IT活用の促進を支援します。